「夏のオンライン句会」のご案内です!

暑い日が続いてておりますね!

みなさま、夏バテしていませんでしょうか?


さて、昨年から春・秋・冬と季節を変えて開催してきました、友の会の句会ですが、
いよいよ最後のシーズンとなりました。

初心者大歓迎ですので、恥ずかしがらずに是非この機会に旬を愉しむお仲間で、

俳句を詠み合いましょう!


ご投句いただきました作品は、俳句甲子園の審査員としてもご活躍されている講師の先生方がすべてチェックし、丁寧に添削いただきます。

またオンライン句会では、投句者に作品の意図などをお話していただきながら、おひとり1句を望月先生が厳しくも優しく解説してくださいますので、7月16日(金)のオンライン句会をより楽しんでいただくためにも、是非「投句」にご参加ください♪


【講師】
俳人協会常務理事、俳文学会会員、日本文藝家協会会員、NHK俳句選者。2011年より角川俳句賞選考委員もされており、うつくしいくらしかた研究所の理事の小澤實先生のお弟子さんお二人方。

◎望月とし江 先生
俳句結社「澤」同人。小澤 實に師事。結社誌『澤』現編集長。「くらしのこよみ」掲載の俳句解説者。俳句甲子園全国大会(H25.26.27.29.30年)1、2回戦審査員。

◎押野 裕 先生
俳句結社「澤」同人。小澤 實に師事。結社誌『澤』元編集長。「くらしのこよみ」掲載の俳句解説者。


【オンライン句会】
7月16日(金)19時〜20時半
“望月とし江先生”によるオンライン句会を開催します。
テレビ番組「プレバト‼」のような形で投句いただいた作品の中からおひとり1句を

先生が選句し添削と解説をしてくださいます。
また、全投句作品の中から先生方に特選3句・並選10句程度を選句いただき、

句会の場にて発表いたします。
さらに、特選を受賞された方には記念品をご用意しております!


投句いただいた方には、是非7月のオンライン句会にご参加いただきたいのですが、

もしご日程的にオンライン句会へのご参加が難しい場合でも、投句&互選の参加は

可能です。後日ご投稿作品への添削結果はメールにてお送りするようにいたします!
尚、友の会の会員は投句にご参加されなかった方もオンライン句会は参加可能です。

【投句について】

■投句参加費(添削料)

・友の会の会員:300円(ポイント利用可)

・ゲスト参加者:1000円


※会員の方はポイントを使っての参加が可能です。(1ポイント=1円)
300ポイント以上お持ちの方でポイントをご利用されたい方は、300円のクレジット決済をしていただいたあと、お手数ですがコメント欄へ「ポイント決済希望」の旨をお伝えください。コメントを確認いたしましたら事務局の方で返金処理及びポイント調整を行います。

■投句参加上限人数
友の会の会員の皆様は25名、ゲスト参加者は10名となります。
投句にご参加いただく方は、お手数ですがイベントページ上でのご参加ボタンから申し込みをお願いします。

■投句方法
おひとり3句の投句をお願いします。
どうしてもという方は2句でも結構ですが、できるだけ3句いただきたいです。
自信の持てなかった句が意外な好評を得たりすることもあるそうです。

② 3句のうち1句は季語「七夕」または「プール」、またはその傍題を入れて

ください。残りの2句は、夏にまつわる季語ならば何でも使っていただいて結構です。

(季語について、ネット上にもたくさん季語サイトがありますので、ご参考にしてくださいませ)
また、添削の参考にさせていただきますので、詠まれた作品の意図もあわせてご投稿ください


③ 投句は友の会サイト上ではなく、下記の専用のGoogleフォームにお願いします。


※決済いただいてない方の投句は応募対象外とさせていただきます。

~~6月24日追記~~
<投句テーマにつきまして補足>
テーマ「七夕」については、ご参加の方からご質問をいただきましたので

追記させていただきます。

「七夕」は本来は8月の立秋過ぎに旧暦でおこなわれていた行事ですので、

歳時記では「秋」の分類となっています。
しかし、現在は学校や幼稚園、駅頭、商店街などでは新暦の7月7日に合わせて

行われる行事となっています。(仙台の七夕祭りは8月ですが、平塚は7月ですね)

これまでに友の会の句会では「雛祭」(上巳)、「菊」(重陽)を取り上げており、

句会の時期がちょうど新暦7月7日頃にあたるということで、今回も節句として

「七夕」を入れたいとの思いがあり、また季語は後戻りはNGですが、先取りは

可という傾向もありますので夏の句会でのテーマに選定させていただきました。


また、傍題についてですが、七夕はあくまで行事として捉えるため、歳時記に

よっては「天の川」を「七夕」の傍題ではなく別項にするものがありますが、

今回の句会においては「天の川」を詠んでいただいても問題ございません。

~~~~~~~~~~

【互選について】
投句期間終了後、投句者名を伏せた「投句作品」に対して、参加者同士で、気に入った句や「これは良い!」と思った句に投票する「互選」を行います。
詳細は、投句締め切り後に、あらためて事務局からご案内のブログをアップしますが、投句に参加されなかった方も友の会の会員は投票はOKとし、投票はおひとり1票を予定しています。

※尚、「互選」時は作者名を伏せて行いますが、オンライン句会及びイベントレポート等には作者名は公表させていただきます。


【スケジュール】
投句:6月11日(金)~6月27日(日)
互選:6月29日(火)~7月6日(火)
オンライン講評会:7月16日(金)19時~
※詳細は別途ご案内いたします。

そもそも俳句って何なのかまったくわからないから腰が引ける……、決まり事とかコツについてあらかじめ教えてほしい……という方のために、講師の望月先生に「初心者のための俳句基礎知識」を桃の節供句会の際に教えていただきましたので、改めて下記をご一読いただければと思います。
▽俳句の基礎知識(友の会会員限定記事)



また、これまで開催してまいりました句会レポートです(会員限定)↓↓
<2020年春開催>桃の節供句会 イベントレポート(ZOOM録画UP)

<2020年秋開催>重陽の節供句会

<2021年冬開催>冬のオンライン句会 グラレコレポート!


是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております!