こんにちは。くらしのこよみ友の会事務局です。


私たち「くらしのこよみ友の会」は、古くから日本に伝わる「二十四節気」や「七十二候」という暦とともに季節の移ろいを感じながら旬を愉しんでいます。
春分の日、秋分の日、夏至、冬至など、毎年変化しますね。では、その暦、どこで作成されているかご存知ですか?
実は、国立天文台で毎年作成されています。

そして、この度、その国立天文台でまさに「暦」を作られている先生に「暦」についてお話を伺えることになりました!!
中秋の名月間近のこの時期、空を見上げることも多いかと思います。
今年は、空と暦、季節の移ろいの関係を学びながら、お月見してはいかがでしょう。


【開催概要】
・日時:9月27日(日)16:00〜17:30
・講師:国立天文台 暦計算室 片山真人 室長
・内容:星空解説、暦のつくり方、
    二十四節気、雑節、七十二候について
    閏年について、
    天文台の貴重本・文化財等について
・開催方法:zoom


※本イベントは友の会の方以外もご参加いただける外部公開イベントになります。

 ご友人などもご案内いただけますので、是非お誘いしてみてください!

※後日公開しますイベントレポートにつきましても外部公開とさせていただきます。

※ご参加いただける方は参加ボタンをポチっとお願いします。
※途中の出入り自由です!


<<事前質問受付中>>

9月20日(日)までに質問がある方は、コメント欄または下記までご連絡ください。

info-tomonokai@kurashikata.com

また、今回このイベント開催にあたり、くらしのこよみ友の会の三澤研究員に多大なるご尽力をいただきました。この場を借りて改めて感謝申し上げます。
三澤研究員が国立天文台情報をあげてくださっておりますので、ぜひ下記もご覧ください。

https://tomonokai.kurashikata.com/blogs/47cc04c32d34

こよみ

国立天文台 暦情報

三澤純子
08/20 07:13


では、皆様のご参加を心よりお待ちしております。



【初めてZOOMを利用される方へ】
スマホ・PCどちらからでもご参加いただけます。
参加方法は、こちらをご参照ください。