こんなことができるようになった。

こんなことができるようになった。

我々はそう言われてたくさんの製品に囲まれ生きてきた。


でも本当にそういうことがしたかったのか。

物の進化を喜ぶのではなく、

自分が進化することを喜びとしてみよう。


エコな掃除機よりも、

どこにでもある帚をきちんと使いこなせれば

その方がはるかに効率がよいことに気づく。

近所に落ちている枝で要らないTシャツを染め直してみる。

その時間は楽しい。できたTシャツには愛着がわく。


我々日本人の先祖が当たり前にやってきたことに

目を向けると、思いがけない豊かさに出会える。

料理も、住まいも、働き方すらも。


自分の人生を愛する。

そんな生き方を私たちは「うつくしいくらしかた」

と呼んで世に問いたいと思う。




うつくしいくらしかた研究所とは


日本人が古くから日々の暮らしの中で実践してきたことや、暮らしの中にあった考え方に改めて注目し、現代にも受容されうる「うつくしいくらしかた」を提案する研究所。


「自然に寄り添う」「不便や手間を厭わず、プロセスや姿勢をたいせつにする」「個人の知恵や技を高める」といった「うつくしいくらしかた」を、様々な活動を通じて提案していきます。