旬の料理に合わせる調味料にこだわり抜く、実食型の講座ができないかという発想ではじめた「オリーブ油を究める」、第2回のレポートです。

昨年、井上豪希さん、桃子さんご夫妻が主宰される「てとてと食堂」(拠点は東京・九品仏)に出会い、同じ調味料の種類による違いを味わう企画を思いつきました。

http://tetoteto.info/profile


今後の友の会のイベント開催の日時検討の参考になればと、この「オリーブ油を究める」は平日夜と休日昼間の二回開催にしてみました。初回のレポートは詳細にアップ済みですので、今回はビジュアル系右脳派感覚的レポートにしてみます。

一眼レフのマクロレンズで、何げないコップの水もこんな感じで。

まずは、てとてと食堂の玄関。残暑の季節の設えが目を引きます。

豪希さんは下準備中のよう。

暑い中のバーナー作業ありがとうございます。普通はバーナーは家に無いですよね。

この正体はのちほど。


今日の主役はオリーブオイル。7種類のオリーブオイルの違いを愉しみます。

てとてと食堂の猫、はなびちゃんも興味津々のこの粒は何でしょう?


そして豪希さんがよくお使いになるオイルのご紹介。

なんだそうです。

今回もグラフィックレコーダーの佐藤恵美子さんによる実況記録中です。

1時間を超えるオリーブオイルの講義のあとは、お待ちかね。豪希さんによる調理、実食です。

事前に仕込まれていた、これ。

こんがり焦げた物体を水でこすると、

パプリ〜カ!

「仲良きことは美しきかな」武者小路実篤風にしてみました。


出来上がった一皿目です。

二皿目には、

2種類のイタリアンチーズ、モツァレラとマスカルポーネに、

この桃は食物繊維を傷めない切り方が重要だそうです。

奥様は桃子さんです。

生ハムも!

あえたところに酢!

もちろんオリーブオイルは必!

岩塩!

さらに、

レモン専用のピーラーで、

レモンの皮を投入です。

この順番が大切なんだそうです。

最後の一品。

ケッパーを刻む。

炊きたてのごはん。

そこにオリーブオイル!

これが美味しいんですよ。

おかわりをしたくなる味です。

追いオリーブオイルも。

さらにおかわりは食変!

食の学びと愉悦の晩夏の午後でした。

次回の調味料を究めるをお楽しみに!