小寒 六十七候
芹乃栄 せりすなわちさかう

寒の入りです。
冷たく乾いた空気を借りて、薄甘く蜜煮した金柑と黒豆の風干しを作りました。

ちりりと冴えた金柑も絞りの入った黒豆煮も、冬の味わいがきゅっと詰まって、最幸のお茶請けです。風の仕事に惚れました。


そしてまた味噌仕込みの季節となりました。

今年は鎌倉蕾の家にて2月11〜14日連日開催の運びですが、果たして叶うのでしょうか…。

(ご希望の方いらっしゃいましたら、お知らせ下さいませ)

寒仕込み。
楽しき冬の手仕事をご一緒に、と願います。