人の家にて植ゑたりける桜の、花咲き始めたりけるを見てよめる

今年より春知りそむる桜花散るといふことはならはざらなむ(『古今和歌集』春上49・紀貫之)

人の家に植えてあった桜の花が、はじめて咲いたのを見て詠んだ歌。

今年初めて花を咲かせ春を知った桜花よ。咲くことだけを知って、散るということは習わないでおくれよ。


『古今和歌集』で桜の花を題とした歌の最初に掲載されているのは、この紀貫之の歌。
咲いたからにはいつか散ってしまうのは花の定め。
しかし花のこの時がいつまでも去らずにあってほしいと願ってしまうのは人情ですよね。
叶うことのない願いだと解っているからこそ、願わずにはいられない切ない心です。
散るさまを惜しむ心持は咲き始めてすぐに、散ることを憂えてしまうほどです。


この桜の若木を詠んだ歌を筆頭に、和歌集の中でも桜の花が咲き始め、爛漫の花朶を見せ、そして散っていきます。

『古今和歌集』の歌を詠み進めると、季節とともに織り成される歌の世界に引き込まれますが、桜の歌の部分はまさにドラマチック。
桜が咲いては散っていくそのサイクルの華やかさと儚さに人の一生を詠み込む歌人もおり、ついつい共感してしまいます。

芭蕉の句にも「さまざまなこと思い出す桜かな」がありますが、桜の花は人生の折り目節目や思い出ごとに栞を挟んでいくような花ですねよ。
一年がまためぐってきた事を実感してしまい、「もうこの季節が来ちゃったのか・・・」とついハッといたします。そして意味もなくそわそわ。

それを毎年毎年繰り返して、あと何回桜を見られるだろうかと勘定してしまったり・・・。
年を重ねるごとに、心の年輪が大きくなるように、その想いも強くなるのでしょうね。