こんな時だから、それぞれの場所で天道花をあげよう!
この呼びかけに応えて、いろんな方が色々な場所で花束を掲げてくださりました。
ありがとうございました。
よかったらご覧ください。https://www.xpl.jp/ws-20200430jisyureport/

いろんな場所に咲く花と、いろんな人の暮らす空に掲げた花束。
今は会いに行けないけど、ここにいるよ!
そんな旗じるしのようです。

枯れてしまった天道花は取っておいておまじないに使うそうです。
何の?文献では、行方不明の人や牛(笑)を探す時に燃やすと
煙がたなびいた方向を探すという例が載っていましたが、、、
かつては、ふと人や牛がいなくなってしまうことが結構あったのかしらん?
いったん神が依りついたものには何かしらの霊験があるということですね。
5月5日のちまきも戸口にぶら下げておくそうです。
ただ捨てるということのないのが、ご先祖様の暮らしです。

ところで、今年は閏年。新暦ではわずかに2月の末日1日が増えるだけですが、
なんと、旧暦では閏年には卯月が2回繰り返されるのです。びっくり。
つまり、今年は卯月八日が2回ある!(今年の閏卯月八日は5/30です)
昔の人はこの不思議な2度目の月をどんな風に感じていたのでしょうね。

ともあれ、天道花をうっかりやりそびれた方、やってみたら楽しかった!という方、
5/30が再チャレンジのチャンスです。その頃は随分花の種類も風の色も違ってきているでしょうね。
同じ日に花を摘むということが、その年の気候を知る一つの観察方法だったのかもしれません。





何かのおまじないに使ってみたい、、、。ドライ天道花