芒種 二十七候 
梅子黄 うめのみきばむ 

小満の青梅から少しずつ黄色くなり赤くなり、まさにこの時を待って完熟致しました。

たくさんの方に召し上がって頂いた外郎菓子でした。ここから蕾の家の菓子は水無月となります。

ということは、まもなく今年も半分…。
なんとなんと…。