冬至を目前にして、ほんわかとした暖かさに慣れきっていた季節が終わり、本物の冬がやってきました。


満天星躑躅の紅葉が今年最高と思いながら眺めたその夜、雪が降りました。


あっという間に葉の色が変化して、季節の変わり目の到来でした。



きっと人生の節目もこんな風に、いっぱいあったんだろな。と、感じずにはいられない紅葉の終わりす。



12月20日

雪降りから3日目

満天星躑躅はものの見事に今年の人生を終えたようです。



次の季節を目指して、すでに硬い芽を抱きなが、

しばし眠りにつきました。


冬きたりなば春遠からじ



お正月に咲くといいなと思っていたカトレアは

クリスマスを前に開き始めました。


なかなか植物との付き合いも難しいですね。