日本の旬の愉しみを、

この時代に一緒につくっていきたい

宣言

うつくしいくらしかた研究所は、七十二候に沿って旬の愉しみをご提案するアプリとして、2010年に「くらしのこよみ」をリリースしました。
その後、書籍化や英語版アプリなどの企画展開を続け、おかげさまで国内外の多くの方々からのご支持をいただき、今日まで続いてきました。

およそ5日間ごとに移ろいゆく季節を通じ、日本を再発見する。
その喜びを直接メールで受け取ったり、SNSに投稿されたコメントを拝見したりしては、わたしたちと同じ仲間がいることを確認し、励まされてきました。

研究所が当初から謳っていたのは、日本人が古くから日々の暮らしの中で実践してきたことや、暮らしの中にあった考え方にあらためて注目すること。
自然に寄り添う、不便や手間を厭わずプロセスや姿勢をたいせつにする、個人の知恵や技を高めるといった、現代にも受容されうる「うつくしいくらしかた」を提案することでした。

しかし、アプリ配信から10年近くが経ち、研究所から一方向のご提案を続けていくことに、疑問を感じるようになりました。
「価値観を共有できる方々とともに、今この時代に、一緒にあたらしい旬の愉しみを見出していくことはできないか?」

今、満を持して、「くらしのこよみ友の会」を開設します。

ここは、衣・食・住・酒・花・旅などを入口に、「七十二候に沿って旬を愉しむ」というテーマについて、1年を通じて語らうサロンです。

みなさまには、うつくしいくらしかた研究所の「研究員」として、「くらしのこよみ」制作スタッフや有識者と一緒に、「友の会」のページ上に季節や旬をテーマとしたコンテンツを投稿したり、オンライン上での意見交換[*]を通じて、あたらしい旬の愉しみ方を探求していただきます。また、旬をテーマにみなさまが集えるような各種イベントも、定期的に実施していく予定です。
[*]「友の会」は一般のSNSとは異なる、クローズドのオンラインシステムです。

さらに、友の会として『あたらしいくらしのこよみ――旬をたのしむ生活便覧』(仮)を出版することを、目標に掲げたいと思います。友の会を通じてみなさまと共に蓄積する旬の情報を、うつくしいくらしかた研究所主幹の(株)平凡社から出版できたら素敵だと思いませんか?3年後くらいの出版が目標です。

それはさておき、まずは仲良く和気あいあいと、旬の情報交換の活動をはじめたいと思います。そのため、価値観や嗜好をセルフチェックしていただけるよう、お申し込みの前に「くらしのこよみ友の会 研究員適性検査」をご用意しました。
もちろんあくまで参考ですので、当てはまらなかったとしても、思いに共感していただけるなら大歓迎です。

旬をテーマに、粋に、楽しく語らいましょう。
万国のくらしのこよみの友、研究員として集いませんか?


できること

  • オンラインで旬を語らう 

    その時々の旬について、ご自分の愉しみ方を投稿してください。お庭に咲いたお花の写真、自信の一句、地元のお祭りの紹介、おいしくできたお料理のレシピなど、なんでも大歓迎です。ときにはコラムという形で、客員研究員が自分の旬の愉しみ方を綴ることも。
    また他の研究員の方の投稿にも、積極的にコメントを。同じ話題で盛り上がったり、新たな発見をしたりと、旬をともに愉しみましょう。

    • イベントに参加して旬を愉しむ 

      定期的に、大小さまざまなイベントを企画します。まったりと卓を囲んで楽しむライトなものから、日本の旬を体験しに各地に足を伸ばすディープなものまで、色々と案を練っております。
      また、研究員のみなさまご自身によるイベント企画も大歓迎です。
      オンラインで旬の話が盛り上がったら、そのメンバーと、そして他の研究員のみなさんも誘って、ぜひその旬を実際に体験してみてください!
      • 頒布会で旬を手に入れる

        炙りキット、折り方教室などくらしのこよみオリジナル商品や、それぞれの旬が味わえる品を販売します。とくに炙りキットは、有難いことに販売再開を望む声を多数お寄せいただいており、友の会を通じてぜひお手に取っていただければ幸いです。ほかにも器や旬の食べものなど、季節ごとにお誘いしていければと思っております。
        • 部活動で旬を追求する 

          研究員の皆様が、ご自身の興味関心に合った部活動に所属することで、さらに旬を愉しんでいただけます。ぜひ同好の士を見つけていただき、交流を深めてください。活動報告の記事などを確認していただき、部員同士の会話をご覧になって、楽しそう!と思ったら気軽に会話に参加、部活動に所属してくださいね。
          <料理部、染部、写真部、折り方部、漬け部など、さまざまな切り口で部活動ができそうだなと思っています。また、こんな部活立ち上げたい!というリクエストがあれば、編集部で検討の上新設させていただきます。

メンバー

「くらしのこよみ」編集

  • 下中 美都

    「くらしのこよみ」編集長。日本には「着るもの、食べ物、すまい、暮らし」のすべてにおいて季節感を楽しむ知恵があり、その細やかな色・形・質感のセンスは世界一といえます。季節感が 日本文化の源にあり、大切な人と季節感を分かち合うことに本当の幸せを感じる心がその文化を培ってきました。「くらしのこよみ」=歳時記は毎日を新鮮に生きる季節知の尽きせぬ宝庫です。それを世界の人に発信して、次の幸せを分かちあえるような「くらしのこよみ」を育てていければ本望です。(平凡社代表取締役社長)
    • 田中 宏和

      「くらしのこよみ」編集統括。全国47都道府県訪問経験有。美味美酒を好むとは言え、好物は蕎麦とカレーとひねり無く、日課は愛猫プラトンを撫でること。同姓同名収集家として1994年より田中宏和運動の活動を行っています。この1年は九鬼周三『偶然性の問題』を繰り返し味読。1969年京都市木屋町生まれ、現在は東京都渋谷区に住んでいます。
      • 神谷 真生

        「くらしのこよみ」編集統括。平凡社在職中に、本山荻舟『飲食辞典』の面白さ、和食や和菓子の奥深さに目覚めました。飲み食いに関することのほか、能楽・文楽・落語・講談などの古典芸能全般の鑑賞も好きです。友の会を通じて、みなさまの実践なさっている季節の愉しみかたをたくさん集め、視野を大きく広げて「季節知」を探求したいと楽しみにしています。
        • 長嶋 二郎

          「くらしのこよみ」運営。浅草と野田市のハーフ。親の影響からか幼少期より醤油好きに育つ。隠れて醤油を飲んでいるのを見つかり房総半島の山林に捨てられた経験をもつ。陸の孤島からの生還の感動からか山のある離島好きとなる。現在は炭水化物ダイエットに励みすぎた反動で高脂血症を患っている。
客員研究員

  • 山口信博 やまぐち・のぶひろ

    グラフィックデザイナー、アートディレクター。1948年千葉県生まれ。有限会社山口デザイン事務所代表。折形デザイン研究所主宰。俳人、俳号は方眼子。著書に『白の消息』『山口方眼子句集』、共著に『礼のかたち』『折る、贈る。』『半紙で折る折形歳時記』等。2018年毎日デザイン賞受賞。
    • 山口美登利 やまぐち・みどり

      グラフィックデザイナー。1955年東京生まれ。有限会社山口デザイン事務所所属。折形デザイン研究所発足以来のメンバー。日本の伝統的な礼法である「折形」を現代に生かす同研究所の活動を支える。
      • 西村優子 にしむら・ゆうこ

        1978年生まれ。折形デザイン研究所のメンバー。また一方で、造形作家として「折り」の造形作品を制作。古来より受け継いできた日本人の心のかたちを、文化と造形の接点として現代の造形にしていく提案を行っていきたいと思います。
        • Tom Vincent トム・ヴィンセント

          イギリスロンドン生まれ。伝統と現代が共存する地方町に魅了され、滋賀県にある築240年の旧近江商人宅に移住。地元で行事や地域経済に関わりながら、最先端スモールタウン社会のしくみ研究を行なっています。主に企業や政府、地方自治体などのプロジェクトのため、日本各地を駆けまわる日々。全国の祭りを応援するクラフトビール会社も始めました。真っ先に感じる旬は、家呑みのアテと庭の雑草です。
          • 川村のり子 かわむら・のりこ

            「藤村本家」金継ぎ工房主宰。過去と未来の接点となる日本古来の修復技法「漆継ぎ」に夢中です。大事なものと季節は、時が経つほどに美しく、愉しさも増すように感じています。お煎餅も割れと欠けが好物。東京生まれ、滋賀在住。
            • 鯨本あつこ いさもと・あつこ

              編集者。日本の「島」を主軸にした有人離島専門メディア『ritokei』統括編集長。美ら島沖縄大使。鯨本編集室主宰。地方誌や経済誌の編集に携わった後、2010年に離島経済新聞社を設立。物理的な離島だけでなく「人間のよりどころ」としての「しま」を探求しながら、編集デザインや地域づくりに携わっています。現在は地元・大分県日田市や夫のふるさと・那覇で子育てをしながら、東京や離島へ出掛けています。
              • 清水徹 しみず・とおる

                1968年東京生まれ。「くらしのこよみ」レイアウト担当。デザイン誌アクシスのエディトリアルデザイナー、設計事務所を経て独立。建築設計、内装設計、家具、グラフィックのデザイナー。家具のブランド「monokraft」主宰。 北国での家づくり、家具づくり、鱒釣りへ強い思いから、家族で北海道に移住すべく半セルフビルドで家づくりに奮闘中。ゴールデンウィークの北海道で、田植え前の田んぼから聞こえてくる蛙の声に、「蛙始鳴」、日本の北の果てでも「くらしのこよみ」通りだと感心しました。
                • 下中菜穂 しもなか・なぼ

                  江戸時代の切り紙「もんきり」と出会い,森羅万象を閉じ込めたくさんの物語が詰まった「かたち」に魅せられる。これら文様を言葉のように使い暮らしの中で楽しむ文化、暮らしの中の手仕事を求めて、日本や中国などのフィールドワークを続ける。その中で知ったことを自分達の手に取り戻すべく、ワークショップや書籍の出版などを続ける。 街や建物、暮らしの中に潜む文様を採集しキリガミにする「たてもの文様帖」のプロジェクト、季節の行事を実践と実験を通して研究する「旧暦カフェ」、スペース「本と工房の家」(エクスプランテ)主宰。 20世紀の映像の百科事典「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ」の活用チームとして、アーカイブ映像の実験的な上映会や展覧会、ワークショップを展開。「観る、やってみる、問い続ける」ことを合言葉に自由研究の輪を広げている。
                  • 髙木基 たかぎ・もと

                    コピーライター。人間はともかく、ネコには好かれるようです。飼ってはいないし、餌付けもしていないのですが、毎日庭に野良猫が遊びにきます。寒くない季節は、送り迎えもしてくれます。東京オリンピックのせいで近くの公園の木々が切られ、最近はメジロもシジュウカラもくるようになりました。そのため少し賑やかです。
                    • 木下着物研究所 きのしたきものけんきゅうじょ

                      代表者の木下勝博(きのしたまさひろ)と木下紅子(きのしたべにこ)が一年365日のほとんどを和装・着物で過ごすことを通じて、伝統を大切にしながらも現代生活にあった着物や和のライフスタイルを提案しています。 一般のお客様への着物のお見立てや着物の着方のレッスンなど他、大手百貨店や老舗企業様を対象とし和文化事業プロデュースやコンサルティングなど多岐に渡っています。 著書に『あたらしい着物の教科書』(日本文芸社)、『はじめての男着物』(河出書房新社)など。

えられること

  • 日本の旬を取り入れた暮らしを実践できる
    • 価値観や趣味嗜好で通じる友を得ることができる
      • 今の時代にふさわしい新たな季節の愉しみを発見、発信できる
        • 誰もが 「部活動」としてイベントなどを開催し、そのリーダーになれる
          • 新たな文章表現や映像表現などを試す場を持てる
            • 商業出版を目指す企画に参加できる

おすすめ

  • 美味しいものと笑うことが好きなエピキュリアン
    • なかなか同士に出会えない好事家
      • SNSにやや疲れ気味の好奇心溢れる粋人
      • ガイドブックやハウツー本には載らないマニアックな愉しみを大事にしたい人
        • 気温と湿度の変化に敏感な人
        • 草木、花、鳥、虫が好きな人

価格

3
研究員30名限定募集
月額会費4,500円+税
第3期への応募をご希望の方は、
下記より事前案内メールにご登録ください。
後日適性検査のご案内をいたします。
事前案内メールに登録する

しくみ

※コミュニティ内の投稿は、メンバーのみの限定公開を前提にしています。よって、コンテンツ(動画・写真・文章等)の無断転用や許可なしでのメンバー写真のアップなどはお控えください。ただし、投稿を個人が特定できない形でご紹介させて頂く場合がありますのであらかじめご了承ください。

※メンバーが安心して気持ちよく交流出来るコミュニティをつくるため、誹謗中傷や運営側が不適切と判断したコメントは削除させて頂く場合がございます。また、他メンバーへの迷惑行為、情報商材またはそれ相当と判断されるビジネスに関わる方の入会はお断りします。確認されたメンバーには、警告や強制退会などの措置を取らせて頂くことがあります。

※実名での参加を推奨しております。オフラインでの交流もありますので、プロフィールの設定お願いししております。実名との不一致があった場は、各種イベントに参加いただけない場合がありますことご了承下さい。

※退会手続きはご自身で可能です。

※くらしのこよみ友の会の利用規約に準じます。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。